Moonlight Forest

★*  旅人の靴の白さは帆となつて   因島 *★

.








c0204971_11573215.jpg








尾道から船で瀬戸内の島嶼のひとつ 因島へ 憧れの島泊~いざ~~♪
あとで地図を確かめたら 自転車で島をほぼ2/3周していたオドロキ★ 
やっぱり迷って^^ 島の郵便局長さんに道を尋ねたら 親切にして下さって。
つまり因島は わたしたちが想像していたよりも ずっと大きな島だったようで^^

途中 島人に呼び止められて なんだろう、、とおそるおそる付いていくと
そこには小さな札所 お大師さんがいらっしゃる因島八十八ヶ所のひとつ   
思いがけなくお菓子をごちそうに。 辿り着いた港で自転車を借りるときには 
京都から島に嫁いだという女性と盛り上がる。 偶然にも 島出身のロッカー
ポルノグラフィティの聖地的な喫茶店で 瑞々しい八朔柑をいただいてしまったり。 

なんとも素朴で飾らない 心の芯がぽっと灯るような 静かでゆるやかな
起伏を持った島時間が流れてゆく 次は水軍スカイラインにチャレンジかな^^☆  

 




c0204971_12111838.jpg

船待ち


c0204971_11384267.jpg

バス停
 

c0204971_1139433.jpg

除虫菊 港を臨む   multiple exposure


c0204971_11395889.jpg

水軍の島






c0204971_11405375.jpg

樹間  玩具の船じゃないょ~


c0204971_1141181.jpg

新樹光


c0204971_11402364.jpg

藤散華






c0204971_11414659.jpg



c0204971_11423220.jpg

信号柱


c0204971_1143092.jpg

大浜埼潮流信号所と灯台  ピンクのボケは余花






この大浜埼灯台のあたりは 因島八景のひとつ。
潮流の激しい布刈瀬戸に面していて すぐそばに
因島大橋が架かっているけれど 旅人はわたしたちだけ
明治時代に作られて 現在は唯一の木造の信号所
旅の前に見つけて 訪ねたかった場所でした~♪♪






c0204971_11382167.jpg

灯台記念館へ   


c0204971_1144040.jpg



c0204971_11482565.jpg

長太夫灯標灯ろう






青蔦や新樹の繁りの中から ふいに顕れる朽ちかけた灯標
いつのまにか ラピュタ人の国に紛れ込んでしまったのか
散り敷いた余花のカーペットを そっと踏みしめながら






c0204971_11485838.jpg

信号所


c0204971_11492043.jpg

灯台 


c0204971_11495674.jpg

船を守る灯  






信号所を下ったところに 小さな浜辺が。。
ちょうど 潮が引いたばかりで そこここに
潮溜りができていて 磯巾着や貝類海草の宝庫
しばし 貝殻拾いに夢中になってしまったょ☆





c0204971_11502484.jpg

潮のワスレモノ  ダーウィンが愛したフジツボ 付着中~^^*







さすが 村上水軍の島らしい勇壮な幟がはためく
 





c0204971_11504928.jpg

島の鯉幟







島の南 土生港から少しアップダウンを 自転車で^^
土生の商店街を一気に抜けて 造船所を過ぎると 
こんな浜がひっそりと さっきまで因島公園の高台から
見下ろしていた島嶼が 目の前に悠然と散らばっていた 







c0204971_11511656.jpg

折古浜 ハマダイコン


c0204971_11515218.jpg

流木






こんなふうに 廃的な世界に咲く藤の花 いかがでしょう^^*





c0204971_11521844.jpg



c0204971_11555190.jpg

Odd-eyed


c0204971_11565123.jpg

漁網


c0204971_1153528.jpg

つばくらめ  土生港






c0204971_11524120.jpg

八朔柑


c0204971_11534244.jpg

港界隈 


c0204971_1154524.jpg

寺屋根



 


c0204971_11543132.jpg

片道切符


c0204971_11545850.jpg

航跡 島を去る 







旅人の靴の白さは帆となつて   kumiko



 



島の名の由来
 
伝承では、神功皇后の乗った船がこの島に立ち寄った際に、陸から多くの犬が吼えて困ったので皇后が「犬の島」と名づけ、それがなまって「インの島」になったとも、平安時代に島が院領だったことから「院の島」が「因の島」になったとも、細島に島の前面が隠されているので「隠の島」から「因の島」になったとも言われている。なお、10世紀ころに源順(みなもとのしたごう)が編纂した「和名類聚抄(わみょうるいじょうしょう)」には印乃之蔓(いんのしま)と記載があり、発音は現在と同じである。 Wikipediaより引用








Innoshima Island
Mihara
Onomichi






.

More
[PR]
# by izayoi_forest | 2013-05-05 14:17 | essay