Moonlight Forest

<   2010年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

蛹になろう   於 京大植物園観察会

c0204971_1932181.jpg

ルリヤナギ  ナス科  Solanum glaucophyllum     八雲が愛した花






きょうは 月に一度の観察会♪






c0204971_19332430.jpg







テーマは 蝶の食卓






c0204971_19342756.jpg







蛹の見つけかた^^* どう見ても 枯葉みたいだけどねぇ






c0204971_19353921.jpg







雨あがりの森は 瑞々しくて






c0204971_2052882.jpg






立ち止まっては 葉っぱの裏を じっくり観察@.@ 
胡麻粒ほどの蝶の卵♪  ほォ~~☆





c0204971_19381432.jpg
 
オニフスベ ホコリタケ科 Calvatia nipponica Kawam. ex Kasuya & Katum






これは フットボール じゃなくて 
森の巨人のワスレモノなんだょ





c0204971_19404759.jpg






ブナ☆ゾーンは とうとう 立ち入り禁止に。。
ナラ枯れの木に集まる蟲に 蜂がやってくる だから






c0204971_19424312.jpg






ついに 出逢ったよ 白いの^^*
少し鴇色を帯びて 邂逅の至福…☆





c0204971_19433677.jpg

シロバナマンジュシャゲ  Lycoris radiata   Lycoris は ギリシア神話の海の精から




ときどきね 蛹になってみる
そうして 幾度も生まれ変わる
世界を耀かせるために   






Photo by The Kyoto University Faculty of Science Botanical Garden
&The Kyoto Botanical Garden

京大植物園ブログ




.

実験的アーティスト集団Alphact主催│ArtLiveProject Act6【SHIKI】
[PR]
by izayoi_forest | 2010-09-28 20:24 | poem

爽籟

ふらりと ふたり旅^^* 草生の里へ go♪






c0204971_18393022.jpg

秋聲 








えっとォ。。これは マグネットじゃないんだけどね^^;
って 娘の誕生日に プチ旅…☆
しかも 前の晩に 行き先が決まったという無謀さ
だけど バス降りて すぐ迷子みたいだな。。^^*







c0204971_18395112.jpg

左 寂光院








うろうろしてたら 仙人が顕れて

どこへ行きたいのかな?
 
  乙が森というところへ

ほォ~ちょうどそこを通るから
ごいっしょに行きましょう ニコニコ

救い主のようでした いえ 俄ガイドさま♪
乙が森の悲恋伝説 河鹿蛙の棲める環境etc. 

道々 お花を見つけて立ち止まる 寄り道する^^
そんなふたりなのに 微笑みながら 待ってて下さる

ほら あの遠く霞んでる山が 叡山ですょ
大原は はじめてですかな?
 
  きょうは 娘に 三千院の虹の襖絵を見せたくて

なんだか はじめての通りすがりなのに
仙人と波長が合う気がする 合わせて下さってる??






c0204971_18402174.jpg

小さな秋






そして 彼は 野火の彼方へ消えていった。。
初っ端から 幸先いい感じ~^^*






c0204971_1840532.jpg

お味噌だれうどん   by 雲井茶屋







でもって さっそく ランチ♪
だって 遠かったんだもん^^
100年前から伝わる秘伝のお味噌らしい
お味噌のパフェも 美味でした~☆






c0204971_18411920.jpg

秋簾







道端には 山里の空を切り取ったような。。







c0204971_18413799.jpg

露草







スケッチの父と 俳句修行のわたし
いっしょに来たなぁ 草生の里

まだ 貴女は小さくて 連れてこなかったの
ふぅ~ん
そんなことを話しながら のんびり歩く

きざはしを上り切ったら ふいに 風が生まれた
なんとなく 振り返ってみる
だあれも いないのに。。 。







c0204971_1842871.jpg

空へ







ここから 蟲☆警報だよ~^^♪ 

寂光院の手前の御陵さんで 遭遇しましたとさ
女王さまは ランチ☆タイム 







c0204971_18422672.jpg








そして ふたたび逢えた。。 くれなゐの君に *^v^*
まだ それほど 火の手はあがっていない
火種 飛び火 そんな山里の午後







c0204971_18425244.jpg

秋麗








大原  草生の里 2010.9.21.







.

実験的アーティスト集団Alphact主催│ArtLiveProject Act6【SHIKI】
[PR]
by izayoi_forest | 2010-09-24 19:21 | essay

水澄む 星澄む

c0204971_2251628.jpg

サワギキョウ





c0204971_22444130.jpg

ガガブタ





c0204971_2245214.jpg

これも ガガブタ??   アサザ だそうです アリガトウ…☆





c0204971_2246318.jpg

文鎮じゃないょ^^*





c0204971_22535072.jpg

蔓的




c0204971_2247202.jpg

ツリフネソウ





c0204971_22483326.jpg

シルエット




The Kyoto Botanical Garden

実験的アーティスト集団Alphact主催│ArtLiveProject Act6【SHIKI】
[PR]
by izayoi_forest | 2010-09-16 22:58 | scene

風の龍を見た

c0204971_1940583.jpg

酔芙蓉






野分が通り過ぎた日の夕暮れ
風の龍を見たよ

移ろいゆく夕べの空は
時間を 早送りにしたようで
龍は 紅に染まりながら
釣瓶落しの帳の中を 
遙かへ 飛び去ってしまった






c0204971_19414650.jpg

シエスタ^^*






夢の扉を開いたら いまも
心やさしき龍は 待っている

あぁ だけど 夢は断片
いくら 繋ぎ合わせようとしても
ちっとも 繋がらない
あのピースが見つからない






c0204971_19421929.jpg

白昼夢






心配しないで 
夢も記憶も 深くふかく沈んでる 心の湖に
だから
ときどき潜って 探しにゆこう 僕と






c0204971_19424377.jpg

酔芙蓉






森の酔芙蓉☆定点観測 一度 トライしたかった^▽^
酔芙蓉は 1日のうちに クリームから ほんのりピンク 
そして マゼンタへ 夢みるように うっとりと変化します^^*
写真の花時間は 夕方から朝へ 動いています~^^v

詩は 僕になってみました^^ ビックリした~~??

The Kyoto Botanical Garden

実験的アーティスト集団Alphact主催│ArtLiveProject Act6【SHIKI】
[PR]
by izayoi_forest | 2010-09-11 20:03 | poem

繭のひかりは

c0204971_220304.jpg

窓 Acru 





9月だと言うのに 溶けちゃいそうですね
だ か ら
雪だるまを連れて ミナミまで 
ギャラリーな休日~^^*





c0204971_221399.jpg

ナダール





まずは NADARへ
写真表現というものの包容力
ひとつの世界を知ると
もうひとつの世界が待っていて
まるで 未知の海へ潜ったみたい^^
写真は 記憶の装置でありつつ
メッセージという強靭さを持っていた
ホルガ2010へ  こちらは 本日で終了





c0204971_2221824.jpg

Acru





そして すぐ近くのAcru
風景とは 心が感じた情景なんだな~と再認識
何を撮ってるんですか と訊かれて
これから 何を撮りたいんだろう って考えた
一枚一枚 一瞬一瞬
フィルムのように丁寧に撮っていこうと思ったよ
-SCAPE 9/26までの 金土日のみ





c0204971_2224497.jpg





 
堺筋線で 恵美須町まで移動 電気街を迷いつつ^^ 
日本橋商店会の中にあるギャラリー亜蛮人へ辿り着く

繭作家koiさんの到着を待ちながら 亜蛮人のオーナーさんと 
絵画的な写真とは 写真らしい写真とは そんなお話を少し♪





c0204971_2231210.jpg

セピア
 




今回のkoiさんのインスタレーションは  繭ノ糸
薄明の奥に レース生地のような繭の囁きが降りてくる 
しばし転生を待っているのか 艶やかな生糸が風を織り込んで 
繭本来の美しさ儚さしなやかさを実感させてくれる仕掛け





c0204971_2234225.jpg







なんと 亜蛮人さんに 2階が出現していたオドロキ^^*
可動式の階段も すべて オーナーさんの丹精
屋根裏部屋で お蚕さんの桑を食む密やかな音。。
そんな遠い記憶が 戻ってくるようだ 





c0204971_224642.jpg

青   記憶の音





お久しぶりのkoiさんは セルフカットしたというベリーショートが
とっても似合って ますますチャーミングだったなぁ…☆ Thanx. 

小板橋慶子展繭ノ糸 9/14まで 水木 休み








*
[PR]
by izayoi_forest | 2010-09-05 22:19 | art