Moonlight Forest

<   2011年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

風のように雲のように  COLORS OF SEASONS ☆・*:..。o○☆*゜¨゜

c0204971_20101159.jpg







ふとした瞬間に感じる季節の豊かさ
COLORS OF SEASONS

大舩真言さんの新作を見るために
午後の街へ ゆるゆると迷いながら^^
十月も尽きようとしているのに
このあたたかさは どうしたことだろう


室町の京都芸術センターにて
ここは もともと明倫小学校だった建物で
大舩さんの展示は 校庭を横切った北の教室 
と言っても いまは 床まで真っ白な空間で
そこに 作品は 呼吸していた
そう 呼吸というか 息づく感じ


水平線の彼方に 淡く鴇色に染まった
曙だろうか なんだか とってもあたたかい
清澄 希望 そんな言葉が 浮かんでは消えてゆく
それが 第一印象 そして いつか 
移ろう光景 風のように雲のように


ステージらしき白い段差に腰掛けていると
白い床に ほのと顕れる作品の幻影が
近づいて包まれて 溶け合ってしまいそう
目の前の存在は ほんとうに絵なのだろうか






c0204971_20562682.jpg

ヤマコウバシ Lindera glauca.






灯ともしごろ ギャラリートークの教室へ
大舩さんと もうひとり金沢の高橋さん
焼き物のインスタレーション タイトル 春驟雨
とても繊細なお花たちが 空間を浮游して
立体だけれど 絵を描いているのですと仰る^^


トークは おふたりの感性の発露だった
自然と作品の響き合い 表現とは アートとは
どんどん 深くふかく 聴いているこちらも
いつのまにか 静かな熱を帯びてくる

遠く近く見ること 漠と世界を捉えつつ 
移ろう季節の中で その場所その時間に生まれ 
儚く生きている作品のタマシイ それは
呼吸する分身であり 作者自身なんだね  







c0204971_2015830.jpg

マツムシソウの花あと






大舩真言さん COLORS OF SEASONS
2011年10月29日(土) ~ 11月6日(日)
10:00 ~ 20:00 / 最終日18:00まで
京都芸術センター ギャラリー北



こちらは 昨冬の鑑賞^^*
ふたつの宇宙   物気色-物からモノへ-






The Kyoto Botanical Garden





.

More
[PR]
by izayoi_forest | 2011-10-31 20:18 | review

深まる秋に  アサギマダラ ☆・*:..。o○☆*゜¨゜

もう 逢えないと思ってたょ 
だけど 願いが叶ったね





c0204971_1672524.jpg

アサギマダラ    Parantica sita  





待っててくれた そんな気がした 
旅する蝶のラストダンス
きらめいて またたいて 儚いなぁ 





c0204971_1681665.jpg

マルバアオダモ    モクセイ科トネリコ属 Fraxinus sieboldiana  バックはユリノキの黄葉





木の紋様 なのかなぁ。。  
まるで 彼方からのメッセージ^^*





c0204971_17384678.jpg

アケボノソウ    リンドウ科センブリ属 Swertia bimaculata





花野の闇とひかりから立ち顕れる 小さきものよ
いのちの円環の中で わたしは ともに生きてゆく






c0204971_16442410.jpg

クサギ   Clerodendrum trichotomum Thunb ギリシア語で 運命の木という意味








秋虹の歩いてゆけるところまで    kumiko







The Kyoto Botanical Garden







.

More
[PR]
by izayoi_forest | 2011-10-23 16:20 | poem

ひかりは 遙かから  ルドンとの邂逅 ☆・*:..。o○☆*゜¨゜

ひかりは 遙かから届く





c0204971_17255526.jpg

ゲンノショウコ





不思議な目は 表層じゃなく深奥を見てる
ルドン自身を わたしを 見つめている

ルドン・ノワール  黒のルドンとの邂逅
モノクロームのリトグラフに 色彩や温度を感じる
ひとつひとつの点や線は 生きている いまも





c0204971_1726428.jpg

カナヘビ





色彩のルドン シフォンのような手触りだったよ

流れゆく竪琴の上で眠るように目を瞑る
哀しみ苦しみすべてから 解き放たれて 
水の飛沫は オルフェウスを包む透明な花びらだ

オルフェウスであって オルフェウスではない
絵であって 絵ではない 
見入るわたしも いつしか浄化されてゆく





c0204971_1727787.jpg

マルバノキ




 
流れがあった 一枚の絵の中に
ひとつところに 留まってはいない
そんなルドンの意志を感じる
わたしも 流れつづけよう 高みへ




 
岐阜県美術館所蔵 ルドンとその周辺ー夢見る世紀末展
京都から 2012年1月東京へ巡回予定^^*






額縁の中の花野を抜けてゆく  kumiko






The Kyoto Botanical Garden








姫路2009


More
[PR]
by izayoi_forest | 2011-10-17 18:19 | review