Moonlight Forest

タグ:NikonD80 ( 88 ) タグの人気記事

森の爽籟  風の森 ☆・*:..。o○☆*゜¨゜

c0204971_18573470.jpg

Pas de deux   カリガネソウ. クマツヅラ科






c0204971_18594878.jpg

アンズタケ Cantharellus cibarius





ここまでは 愛機D80で。思い出深いイチガンです
実は 夏の終わりに カメラを新調しました~*^^*
さっそく試し撮りへ~斑猫と翠の森の2枚です ↓↓  
機能がいっぱいで まだ若葉マークなんだけれど^^ヾ
どんどん撮って わが腕の一部となるように^^★






c0204971_1901945.jpg

斑猫ハンミョウ D7000






c0204971_1904492.jpg

風の森 D7000
 







The Kyoto Botanical Garden







森でお試し ってところが 吟遊詩人でしょ^^* 
ほんのりほのかに染まったムラサキシキブの実
雑木の高い梢では 純白のセンニンソウが咲き初めて
産卵中のルリタテハ。。ナンバンキセルも貌を出す~

9月になりました きょうは震災忌 わたしの母方の
曽祖父は このときの余震がもとで亡くなったと
聴いています エピソードの数々 逢ったことは一度も。
おおらかな微笑の肖像写真が 一葉 残されています 
彼のように スマイルとガッツとユーモアを忘れず生きたいな

今宵も お月さまが綺麗ですね。。o。゚:.・+|。◕ .-。)‿♡







.

More
[PR]
by izayoi_forest | 2012-09-01 21:21 | scene

森の幻想即興曲 ☆・*:..。o○☆*゜¨゜

c0204971_20544513.jpg

ヒオウギ アヤメ科 Iris domestica multi exposure




c0204971_20551988.jpg

蜘蛛の囲




c0204971_2056914.jpg

ウツボカズラ~^^* Nepenthes






The Kyoto Botanical Garden






アウトプットばかりだと 詩が熟成されない そんな気がして 
おとなしくしておりました その成果かどうかは わかりませんが
歌会の歌 2首にダブル銀賞をいただきました いとうれし*^^*

最近 古事記を読み直しています 古代熱再来か^^♪ 
折りしも 京都国立博物館で開催中の大出雲展へ~
振り返る牡鹿の埴輪 その素朴な躍動感 瑪瑙の勾玉のくれなゐや碧 
海からやってくる神を迎える地*出雲 銅鐸の埋葬が断面で再現されて
船形の棺 その櫂に描かれた鮫の精悍 神殿を支えた宇豆柱の稀有壮大 
実際に出土したモノを見ながら 歴史をみつめることの大切☆至福^^*

出雲では 植田正治さんの写真と上田正昭さんの文章で
綴られた写真展がはじまっているらしい いいなぁ 遠いなぁ^^
八雲立つ地と大和まほろばの三輪 そして越の国と環日本海文明。。 
父が元気だったころ 家族で神々のふるさとを巡ったことを 
ふっと思い出しました          秋立つ日に寄せて★






.

More
[PR]
by izayoi_forest | 2012-08-07 20:57 | essay

きつねのかみそりこれほどの露の中 ☆・*:..。o○☆*゜¨゜

c0204971_20161797.jpg

緑蔭に染まる







c0204971_2016493.jpg

きつねのかみそり






c0204971_20171888.jpg

きんみずひき






c0204971_2018415.jpg

白雨







The Kyoto Botanical Garden







京都も ようやく 蝉が鳴き出しました★
修理から戻ったD80といっしょに オフを待って森へ~♪
森は 山百合の香りに満ち ジャコウアゲハがふはり^^♡ 
くらがりで 白い茸のフェアリーリングに出逢ったんです 
が 突然の雷と白雨 少し早い目に引き揚げました。。
ジャコウアゲハとフェアリーリング いつか撮れたらなぁ^^*
 
みなさま どうぞご自愛のほど。。*o。゚:.・+|。◕ .-。)‿♡





.

More
[PR]
by izayoi_forest | 2012-07-24 20:31 | scene

青寫眞うしなはれたるものあまた ☆・*:..。o○☆*゜¨゜

c0204971_1821390.jpg

奇想天外の花 Welwitschia mirabilis ウェルウィッチア科 ナミブ沙漠にのみ棲息






さよなら。 ときつねがいった。

ぼくの秘密をいうよ。すごくかんたんなことだ。
心で見なければ、よく見えないっていうこと。
大切なことって、目には見えない。    Le Petit Princeより








c0204971_1891731.jpg

バオバブの花 Adansonia アオイ科  multi exposure







そうだね 
失われたと思い込んでいるだけなのかもしれない
みつかるさ みつけるよ 心の灯を 希望を







The Kyoto Botanical Garden







みなさま こんにちは ご無沙汰です^^*
京都は 祇園さんの暑さ 蒸してます~蟲蟲^^

実は 唯一無二の愛機NikonD80が
突然のシャッターエラーのため 入院致しました。。
祇園祭やら 葡萄の会やら 全く間に合わないし。
2weeks いと淋し。 ((((((o_ _)o ~☆ 

しばらくは デジイチに変える前に
愛用していたペンタ君を復活させようかな~
それとも 譲ってもらった銀塩カメラ
NikonF501の出番でしょうか。。o。゚:.・+|。◕ .-。)‿||O。

フォトは 昨夏のハナイロ展に出していたものです~
バオバブの花は 一日花 しかも夜に咲く 咲いていたらラッキ~☆
涼しさが届くとウレシイデス ぇ?怖い?? 
Have a beautiful summer my dear friends!!
みなさま どうぞよき夏を。。(*。◕""◕。)。
えッ わたしですか うっふふ~~♡






.

More
[PR]
by izayoi_forest | 2012-07-12 18:10 | essay

森のうつろい ☆・*:..。o○☆*゜¨゜

c0204971_1835313.jpg

ショウジョウウツギ





c0204971_1845404.jpg
 
旅の休息 アサギマダラ





c0204971_18322282.jpg

アリマウマノスズクサ








The Kyoto Botanical Garden








一枚目のショウジョウウツギは 5月末撮影
真ん中のアサギマダラも 同じ日に。。
そのあと 素敵な花博士との出逢いがあって
イロイロ つぶやきたかったんだけど
最近 ブログ不精 リア充とか言うアレですか

ラストの一枚は きょうの森です
しばらく 仕事に集中するから 充電にと 
山紫陽花を撮りに 出かけたはずなんだけれど 
気がつけば 不思議なお花に魅せられて^^* 
ウマノスズクサは 蔓性です もう花盛り♪
大きな葉っぱの影に ぶら下がる姿は
まるで 森のコダマのようでした★  吟遊詩人*   







.

More
[PR]
by izayoi_forest | 2012-06-23 19:09 | scene

★ cosmogony-進化 狩野智宏展へ ★

c0204971_22365630.jpg








ガラス造形作家の狩野さんが 京都で個展をなさっています
初日に お邪魔してきました
三条室町 誉田屋さんという老舗の帯商の奥に 
そのギャラリーはありました 実は 迷子未満で
マップを確認しながら歩いていたら こんにちは♪って 
ご本人がお店の前にいらっしゃいました ほっ~^^*

狩野さんとの出逢いは 京都ではじまったモノノケ展
京大博物館 虚白院 昨秋の遊狐草舎 

京都の町家は うなぎの寝床
おくどさん=台所を抜けた奥の奥に 大きな蔵があって
そこがギャラリー品 黒い蔵と黒い塔 祇園会では黒主山の町内で



  
狩野さんの文章から

2012年僕たちは「進化」を遂げる時が来ました。
個展のタイトルは[cosmogony]進化、宇宙の起源を表すギリシャ語です。
2006年から6年間削り続けて来た作品「amorphous」が... いよいよ発表になります。



cosmogony-進化
狩野智宏展
2012年6月7日(木)-26日(火)
11:00-19:00(水曜定休日)
-品-SHINA
〒604-8165京都府京都市中京区室町三条下ル西側誉田屋奥
TEL.075-257-5567 品さんのHPはこちらからギャラリー品








c0204971_20321190.jpg

作品のひとつに ゆうがたのひかりが。。蔵の窓を開けて下さる狩野さん★








ギャラリーの2階には 異空間が拡がっています
cosmogony 言葉では 言い表せないほどの衝撃と感動。。
喩えるなら 記憶の中に仕舞っていた大切な阿修羅のイメージ
それが覆されて 鮮烈で清冽なナニカが わたしに向かってきた
そんな感じでしょうか^^* 京都という場の磁力 蔵という空間 
お近くの方は ぜひ☆ 7日から10日までと最終日 作家在廊です★







c0204971_20543040.jpg








c0204971_1931373.jpg








** 写真ですか。。とってもムツカシカッタ。。
狩野さんにアドバイスいただきながら撮りました 感謝です…☆






c0204971_21455537.jpg







.

More
[PR]
by izayoi_forest | 2012-06-07 22:39 | art

草矢放てば ☆・*:..。o○☆*゜¨゜ 

俳句では 祭は夏の季語 タイトルの草矢も 夏らしい季語のひとつです
葵祭 賀茂のまつり 賀茂は わたしの父方のルーツでもある
四神相応の地 青い龍の流れを辿って お散歩してみましたょ




c0204971_17313227.jpg

深泥池 なにやら近ごろ 心霊スポットらしいけれど。。 
氷河期以来の動植物が生き続ける 稀少な水生植物昆虫魚類野鳥の宝庫




c0204971_17335640.jpg

遙かに祭の先頭が見えてきた 椋の大樹の蔭で 御所

c0204971_17343833.jpg

藤飾りの牛車が過ぎてゆく

c0204971_17595540.jpg

祭の牛が来た

c0204971_17352152.jpg

牛車に繋がれる 

c0204971_17354923.jpg

それぞれの足もと 

c0204971_1736363.jpg

寛ぐ騎馬列 頭には聖なる双葉葵の葉

c0204971_17371631.jpg

女人列 胸元に聖なる葉

c0204971_17374254.jpg

検非違使が守るのは。。

c0204971_1738575.jpg

女童 うしろに斎王代 トリミング




祭列が御門を出る前に移動 地下鉄とバスを乗り継いで上賀茂神社へ




c0204971_17384770.jpg

若楓 上賀茂神社

c0204971_17391698.jpg

祭列を待つ このフィールドは祭礼のひとつ 競べ馬くらべうま の馬場ともなります  

c0204971_17394013.jpg

立砂 神社のうしろの神山こうやま に似せた神さまの拠り代

c0204971_1740598.jpg

風そよぐならの小川の夕暮れはみそぎぞ夏のしるしなりける   藤原家隆

c0204971_17404684.jpg

売切御免♪ 神馬堂のやきもち ここのは入手困難カモ^^v




上賀茂~出町柳までバス移動 都大路を北上する祭列に遭遇しました



c0204971_17412948.jpg

聖地 糺ノ森 この森を歩くと必ず俄雨に遭う不思議。。^^★

c0204971_1742083.jpg

祭の一行が過ぎたあとの舞殿では ゆるりと狂言が。。 下鴨神社





祭の最中もいいけれど 祭を待つ時間や祭あとの雰囲気に なぜか魅かれる天邪鬼^^





c0204971_17422899.jpg

カキツバタ 大田神社 multiple exposure


大田の社は 上賀茂神社の外摂社
上賀茂さんから 社家道を少し歩きます
主祭神は 天鈿女命 幸福と芸能の神さまで
謎の神さま*サルタヒコの妻とも言われています
日蝕神話 アマテラスが岩戸隠れで闇となった世に 
ダンスでひかりを取り戻そうとしたアメノウズメ

むかしむかし まだ平安京以前の京都盆地は
深い森と湿地に覆われていました
その名残を感じさせるカキツバタの群落







祭列はいつもの橋を過ぎてゆく君へ届かぬ草矢放てば  kumiko  2010.






.

More
[PR]
by izayoi_forest | 2012-05-18 18:30 | scene

旅に持つスケッチブック聖五月  ★☆・*:..。o○☆*゜¨゜

ぽっかり生まれたGWのオフ 思い立って旅人に。。^^*
春を惜しむはずが 鞆の浦から尾道は すっかり瑞々しい季節へ
映画や文学や歴史 しゃぼんのように膨らんでは弾ける妄想を抱いて
海岸線や坂道 島を探検 鯛のお刺身 尾道ラーメン Barでカクテル…☆
時をかけて 遙々戻ってきました。。o。゚:.・+|。◕ .-。)‿||O |
はつなつ☆プチ逍遥 おつきあいいただけるとうれしいです★


c0204971_15352073.jpg

いろは丸で仙酔島へ♪


c0204971_15371333.jpg

謎の物体。。^^*


c0204971_15381339.jpg

滴り 島の岩石層 星の脈動を身近に感じる瞬間


c0204971_15385015.jpg

お散歩*天道虫★


c0204971_1540026.jpg

少年と海 HDR


c0204971_15392219.jpg

貝殻*咲いた


c0204971_1541097.jpg

路地 鞆の浦


c0204971_15432618.jpg

漁船 鞆港


c0204971_15424970.jpg

茅の輪  


c0204971_15434942.jpg

青空の月



c0204971_15453979.jpg

風薫る


c0204971_15461289.jpg

鑿のあと 大阪城築城の名残り 尾道*千光寺巨石群
 

c0204971_15464345.jpg

坂道曲道迷子道o。゚:.・+|。◕ .-。)‿||O |


c0204971_1549148.jpg

天使のささやき 眼下に尾道水道


c0204971_15471897.jpg

瀬戸内のレモン搾り立て*スカッシュ


c0204971_1550812.jpg

猫道を歩く


c0204971_154884.jpg

風が渡ってゆくだけのカフェ☆ギャラリーだったょ


c0204971_15484336.jpg

花屑  この階段の上を八朔色の山陽電鉄が走っています~


c0204971_15494266.jpg

猫石 尾道に300匹は居るらしい。。


c0204971_15504162.jpg

道標 旅人J うしろ姿をパチリ☆★


c0204971_15511364.jpg

黒猫 これはホンモノd(≧▽≦*d)


c0204971_15514234.jpg

時をかける旅人^^v  self-blue







父がスケッチしながら歩いた坂道は どのあたりだったのか 
いまでは もう 聴くことは叶わないけれど。。
わたしたちを見守ってくれてる。そんな気がしたプチ旅★ 







Tomonoura Onomichi






.

More
[PR]
by izayoi_forest | 2012-05-06 19:18 | scene

さくらさくら鳥の言葉を解いてゆく ☆・*:..。o○☆*゜¨゜

終着駅から 少し歩くと
山が ほんのり微笑んでいた
天ノ川が蛇行して ここは
星に由来する名の集まる地
なにか ざわざわする感じ^^★






c0204971_2155945.jpg

かたかご Erythronium japonicum Decne








森というより里山 
丘を越え木漏れ日の林を抜ける
そこで出逢ったんだ 君に
凛と反らした花びらの内に 
さくらを宿して佇んでいたね









c0204971_21553819.jpg

ユリノキ モクレン科 Liriodendron tulipifera







ひとりの桜守が河内の国に居りました
陸奥から運んだ種で咲いたという
八重の糸桜 花びらが ふいに舞う
里山に轟くのは コダマだろうか
息吹が 息を吹き返す








c0204971_2283015.jpg

森のゾンビ じゃなくて^^ ラクウショウ Taxodium distichum








林床を鳴らしながら 顕れる 
カサカサ ヒクヒク^^
恥ずかしがり屋だけれど
好奇心で はち切れそうな。。








c0204971_21561687.jpg

花の下にて








森の息吹は つむじの風となって
散りゆく花びらを 存分に司る
スピリットが 満ちてくる
そうして 春は 
加速度を増しながら 深くなる







さくらさくら鳥の言葉を解いてゆく   kumiko







Botanical Gardens, Osaka City University







詩のブログ★更新^^* Minstrel☆Sanctuary






.

More
[PR]
by izayoi_forest | 2012-04-20 22:38 | essay

花人 ☆・*:..。o○☆*゜¨゜

c0204971_17184287.jpg

花時雨





c0204971_16471149.jpg

櫻の園 






c0204971_16475241.jpg

さくら香  multi exposure 






c0204971_1782997.jpg

花翳






c0204971_17205967.jpg

雅歌








晴れ間を縫って飛び出した
近衛の邸あとに辿り着く

ときをり 花の時雨
空気が しんとしているね

来てるかなぁ 翡翠は 
まだまだ思い出にならない

だけど 今年も逢えたね
花言葉は あなたに微笑む



春風の花を散らすと見る夢はさめても胸のさわぐなりけり  西行



Konoe-tei Gosho Kyoto







.

More
[PR]
by izayoi_forest | 2012-04-06 17:41 | essay