Moonlight Forest

タグ:kyoto ( 3 ) タグの人気記事

草矢放てば ☆・*:..。o○☆*゜¨゜ 

俳句では 祭は夏の季語 タイトルの草矢も 夏らしい季語のひとつです
葵祭 賀茂のまつり 賀茂は わたしの父方のルーツでもある
四神相応の地 青い龍の流れを辿って お散歩してみましたょ




c0204971_17313227.jpg

深泥池 なにやら近ごろ 心霊スポットらしいけれど。。 
氷河期以来の動植物が生き続ける 稀少な水生植物昆虫魚類野鳥の宝庫




c0204971_17335640.jpg

遙かに祭の先頭が見えてきた 椋の大樹の蔭で 御所

c0204971_17343833.jpg

藤飾りの牛車が過ぎてゆく

c0204971_17595540.jpg

祭の牛が来た

c0204971_17352152.jpg

牛車に繋がれる 

c0204971_17354923.jpg

それぞれの足もと 

c0204971_1736363.jpg

寛ぐ騎馬列 頭には聖なる双葉葵の葉

c0204971_17371631.jpg

女人列 胸元に聖なる葉

c0204971_17374254.jpg

検非違使が守るのは。。

c0204971_1738575.jpg

女童 うしろに斎王代 トリミング




祭列が御門を出る前に移動 地下鉄とバスを乗り継いで上賀茂神社へ




c0204971_17384770.jpg

若楓 上賀茂神社

c0204971_17391698.jpg

祭列を待つ このフィールドは祭礼のひとつ 競べ馬くらべうま の馬場ともなります  

c0204971_17394013.jpg

立砂 神社のうしろの神山こうやま に似せた神さまの拠り代

c0204971_1740598.jpg

風そよぐならの小川の夕暮れはみそぎぞ夏のしるしなりける   藤原家隆

c0204971_17404684.jpg

売切御免♪ 神馬堂のやきもち ここのは入手困難カモ^^v




上賀茂~出町柳までバス移動 都大路を北上する祭列に遭遇しました



c0204971_17412948.jpg

聖地 糺ノ森 この森を歩くと必ず俄雨に遭う不思議。。^^★

c0204971_1742083.jpg

祭の一行が過ぎたあとの舞殿では ゆるりと狂言が。。 下鴨神社





祭の最中もいいけれど 祭を待つ時間や祭あとの雰囲気に なぜか魅かれる天邪鬼^^





c0204971_17422899.jpg

カキツバタ 大田神社 multiple exposure


大田の社は 上賀茂神社の外摂社
上賀茂さんから 社家道を少し歩きます
主祭神は 天鈿女命 幸福と芸能の神さまで
謎の神さま*サルタヒコの妻とも言われています
日蝕神話 アマテラスが岩戸隠れで闇となった世に 
ダンスでひかりを取り戻そうとしたアメノウズメ

むかしむかし まだ平安京以前の京都盆地は
深い森と湿地に覆われていました
その名残を感じさせるカキツバタの群落







祭列はいつもの橋を過ぎてゆく君へ届かぬ草矢放てば  kumiko  2010.






.

More
[PR]
by izayoi_forest | 2012-05-18 18:30 | scene

ふたつの宇宙   物気色-物からモノへ-

c0204971_2240487.jpg

須磨  砂の記憶







週末 鞍馬口のモノノケ展へ

待ち合わせた訳でもないのに
大舩さんと会場の虚白院の前で ばったり
変わらず飄々と 物静かな語り口^^ 

虚白院の屋根には 双の白い虎 
西の守り神 白虎 地勢では道を表すらしい 
道って 未知だね^^*
わたしの未来 それは 真っ白なままだ

 

モノノケ展は 今年1月の京大総合博物館での
企画展 春待ちの木は に始まり
今回は 場所を 虚白院に移して開催 
物気色-物からモノへ- 2010/11/28にて終了



大舩真言さんの作品 WAVE#00 
音とのコラボレーション iPodに繋がるヘッドホン 
その重さに戸惑いながら 木の扉をそっと押す
雨の音。 鼓動。。どこかへ還ってゆく感じ そんな音


床の中央に置かれた2枚の絵画が
天井からのスポットライトに 照らし出される
薄闇に目が慣れてくると 壁面には 
先人たちの南画が 浮かび上がる
巧みに 仕掛けられているのだけれど 
それと気づかせない 気配のようなモノ









c0204971_22405074.jpg

失われた記憶








眠るように水辺を分け入ってゆけば 漆黒の断層
ひょいと意識のクレバス超えたら 遠く穏やかな峯々
葦原中つ国って こんな光景だったのだ きっと 
絵の周りを歩いて 立ち位置を少し変えてみる
移ろい 留まることのないナニカが 打ち寄せる

近づけば 岩絵の具の質感と ひそやかな煌き
角度によって 秘匿された淡青の揺らぎが 仄と 
ギギと鳴く水族 それとも 人魚の鱗だろうか 
深く沈んだ記憶を呼び覚まし 蘇生させるのは 青

記憶の海馬へと働きかける 不可思議な音に導かれて 
忍び寄るモノノケの重圧 水底へ向かう意識と無意識の境









c0204971_22413160.jpg

記憶を辿る








午後のひかりが 敷地の真ん中の竹林と戯れはじめて 
そのひかりに導かれるように ひとつの茶室へ辿り着く



狩野智宏さんの作品  amorphous 
青 蒼 碧  やっと出逢えた♪
それは ひとつの硝子の結晶に仮託されたモノ

虚白院という箱庭の中の そのまた茶室の小宇宙に
煌めきつづける生命体 終わりのないオデッセイ
磨かれた結晶の中には 幾層もの未知の宇宙が
浮かんでは消えてゆく うたかたの幻のように  
硝子の星雲は 静かな爆発を繰り返すのだろう



誰の内にも 宇宙は息づいていて   
その気配を感受できるのは 自分自身 
どんな未来を築くのか それは わたし次第 









物気色 -物からモノへ-








c0204971_22421146.jpg

海が記憶に変わるとき self 









.

実験的アーティスト集団Alphact主催│ArtLiveProject Act6【SHIKI】
[PR]
by izayoi_forest | 2010-12-01 22:43 | art

鉾を解く another story

c0204971_1837112.jpg

袋小路       新町通








c0204971_18423496.jpg

戻り囃子がゆく      長刀鉾     







c0204971_1839264.jpg

巡行を待ちながら           菊水鉾★粽







c0204971_18435593.jpg

蝉生れて鉾の路地に風立ちぬ      室町通







c0204971_18461757.jpg

さぁ 鉾解きだ!     長刀鉾   







c0204971_18471433.jpg

息づかひ           鉾綱と車止







c0204971_1849421.jpg

三つ目の車輪を外す雲の峯       四条通







c0204971_18503359.jpg

車輪を外す緊張       町衆の手拭頭に 葉っぱが♪







c0204971_1848311.jpg

晩夏光ひとつの鉾の帰還せり








★祇園祭巡行 アナザーストーリーは こちらから^^*

祇園会とノアを結ぶのは??
[PR]
by izayoi_forest | 2010-07-17 19:24 | scene