Moonlight Forest

タグ:soft lens ( 13 ) タグの人気記事

船鉾へ ☆・*:..。o○☆*゜¨゜

c0204971_2173315.jpg

船鉾   縄がらみ







c0204971_218383.jpg

まるで 龍宮ゆきの船^^*






c0204971_22284865.jpg

水引の雲龍







c0204971_2195661.jpg

船鉾の船張







c0204971_21583166.jpg

ヒオウギ   祇園会の花 #soft lens 2010.8. at The Kyoto Botanical Garden







c0204971_21104593.jpg

船鉾 鉾天井の花野







c0204971_21112663.jpg

笛方さん 鉦方さん 木札を風が鳴らしていったょ~






c0204971_2112688.jpg

ここから 船鉾へと渉ります








水打つてぐらりと鉾の傾ぎけり    吟遊詩人








きょうの京都は 祇園会の宵宵宵山 スサノオの炎暑~~^^* 
久しぶりに 船鉾に上りました 長刀鉾は いまも女人禁制
船鉾は。。大丈夫 上れます~♪ 安産祈願の鉾ですから^^
まるで方舟に乗っているような 世界が変わる爽快^^v

昨年の粽をお返しして 新しい粽をいただきました
それだけのことですが なんだか すっきり( ´ ▽ ` )ノ☆彡
節句の粽に似ていますが こちらは 厄除け☆

蘇民将来子孫也 という簡素なお札が付いています 
諸説ありますが この星のあちこちに遺された洪水伝説
と 深~い繋がりがあるようですねぇ 興味深々^^

しばらく 暑さが続きそう ご自愛のほど…☆






こちらは 昨夏の祇園祭山鉾巡行です  戻り囃子メインで^^v
鉾を解く another story






.
[PR]
by izayoi_forest | 2011-07-14 21:24 | scene

ひかりは新樹  春日の森の ☆・*:..。o○☆*゜¨゜

c0204971_21524245.jpg

麝香藤    




白藤に いつより龍を棲まはせて  




c0204971_20163584.jpg

口紅藤




c0204971_20192486.jpg





c0204971_201614.jpg

緋縮緬




夢でかはした言葉のやうに虹生まれ




c0204971_20165951.jpg

八重黒龍




木漏れ日を抜け はつなつの鹿となる




c0204971_20185041.jpg





c0204971_20172837.jpg

九尺 #soft lens




重なつて藤の淡さのゆふべとも




c0204971_2018357.jpg

海老茶




c0204971_20195591.jpg





Kasuga Forest at Nara

春日大社 萬葉植物園







迷いそうになると 
どこからか 小さな蝶が顕れて 
向かうべき場所へ 導いてくれる

そんな不思議な日だった


気づいていないだけで
思ってるより 世界は
ずっとずっと 深いのかもしれない


イチイガシの森で 木の葉のような蝶を見た
ふらふら 追ってゆきたくなる 
迷い道廻り道って 無用なのだろうか

無駄なことは ひとつもないよ この世に 

誰かが囁いた 聖なる森で







. 
[PR]
by izayoi_forest | 2011-05-09 20:31 | poem

花野 





この世界において、退屈でないものには 人はすぐ飽きるし、
飽きないものは だいたいにおいて退屈なものだ。
村上春樹    海辺のカフカ より






c0204971_1945292.jpg

カツラ







c0204971_1951961.jpg

クサギ   花言葉 運命







c0204971_1954168.jpg

花野








c0204971_19252761.jpg

ハウチワカエデ








c0204971_1961365.jpg

ムラサキシキブ    花言葉 聡明







c0204971_1963741.jpg

シュウメイギク







c0204971_1965863.jpg

サルビア







c0204971_1971982.jpg

マルバノキ








久しぶりに 落葉の森を歩いた
葉っぱの匂い 小鳥の声 風の歌
足の裏から ココロへ染み通る感触
森は 極上の再生装置だったょ。。☆

レクイエムの月がはじまった 
だけど もう 大丈夫だから^^*  
お日さまの暖かさを いま感じてる♪
未来に向かって いまを豊かに生きよう









The Kyoto Botanical Garden







.

実験的アーティスト集団Alphact主催│ArtLiveProject Act6【SHIKI】
[PR]
by izayoi_forest | 2010-11-03 19:17 | scene

蛹になろう   於 京大植物園観察会

c0204971_1932181.jpg

ルリヤナギ  ナス科  Solanum glaucophyllum     八雲が愛した花






きょうは 月に一度の観察会♪






c0204971_19332430.jpg







テーマは 蝶の食卓






c0204971_19342756.jpg







蛹の見つけかた^^* どう見ても 枯葉みたいだけどねぇ






c0204971_19353921.jpg







雨あがりの森は 瑞々しくて






c0204971_2052882.jpg






立ち止まっては 葉っぱの裏を じっくり観察@.@ 
胡麻粒ほどの蝶の卵♪  ほォ~~☆





c0204971_19381432.jpg
 
オニフスベ ホコリタケ科 Calvatia nipponica Kawam. ex Kasuya & Katum






これは フットボール じゃなくて 
森の巨人のワスレモノなんだょ





c0204971_19404759.jpg






ブナ☆ゾーンは とうとう 立ち入り禁止に。。
ナラ枯れの木に集まる蟲に 蜂がやってくる だから






c0204971_19424312.jpg






ついに 出逢ったよ 白いの^^*
少し鴇色を帯びて 邂逅の至福…☆





c0204971_19433677.jpg

シロバナマンジュシャゲ  Lycoris radiata   Lycoris は ギリシア神話の海の精から




ときどきね 蛹になってみる
そうして 幾度も生まれ変わる
世界を耀かせるために   






Photo by The Kyoto University Faculty of Science Botanical Garden
&The Kyoto Botanical Garden

京大植物園ブログ




.

実験的アーティスト集団Alphact主催│ArtLiveProject Act6【SHIKI】
[PR]
by izayoi_forest | 2010-09-28 20:24 | poem

爽籟

ふらりと ふたり旅^^* 草生の里へ go♪






c0204971_18393022.jpg

秋聲 








えっとォ。。これは マグネットじゃないんだけどね^^;
って 娘の誕生日に プチ旅…☆
しかも 前の晩に 行き先が決まったという無謀さ
だけど バス降りて すぐ迷子みたいだな。。^^*







c0204971_18395112.jpg

左 寂光院








うろうろしてたら 仙人が顕れて

どこへ行きたいのかな?
 
  乙が森というところへ

ほォ~ちょうどそこを通るから
ごいっしょに行きましょう ニコニコ

救い主のようでした いえ 俄ガイドさま♪
乙が森の悲恋伝説 河鹿蛙の棲める環境etc. 

道々 お花を見つけて立ち止まる 寄り道する^^
そんなふたりなのに 微笑みながら 待ってて下さる

ほら あの遠く霞んでる山が 叡山ですょ
大原は はじめてですかな?
 
  きょうは 娘に 三千院の虹の襖絵を見せたくて

なんだか はじめての通りすがりなのに
仙人と波長が合う気がする 合わせて下さってる??






c0204971_18402174.jpg

小さな秋






そして 彼は 野火の彼方へ消えていった。。
初っ端から 幸先いい感じ~^^*






c0204971_1840532.jpg

お味噌だれうどん   by 雲井茶屋







でもって さっそく ランチ♪
だって 遠かったんだもん^^
100年前から伝わる秘伝のお味噌らしい
お味噌のパフェも 美味でした~☆






c0204971_18411920.jpg

秋簾







道端には 山里の空を切り取ったような。。







c0204971_18413799.jpg

露草







スケッチの父と 俳句修行のわたし
いっしょに来たなぁ 草生の里

まだ 貴女は小さくて 連れてこなかったの
ふぅ~ん
そんなことを話しながら のんびり歩く

きざはしを上り切ったら ふいに 風が生まれた
なんとなく 振り返ってみる
だあれも いないのに。。 。







c0204971_1842871.jpg

空へ







ここから 蟲☆警報だよ~^^♪ 

寂光院の手前の御陵さんで 遭遇しましたとさ
女王さまは ランチ☆タイム 







c0204971_18422672.jpg








そして ふたたび逢えた。。 くれなゐの君に *^v^*
まだ それほど 火の手はあがっていない
火種 飛び火 そんな山里の午後







c0204971_18425244.jpg

秋麗








大原  草生の里 2010.9.21.







.

実験的アーティスト集団Alphact主催│ArtLiveProject Act6【SHIKI】
[PR]
by izayoi_forest | 2010-09-24 19:21 | essay

水澄む 星澄む

c0204971_2251628.jpg

サワギキョウ





c0204971_22444130.jpg

ガガブタ





c0204971_2245214.jpg

これも ガガブタ??   アサザ だそうです アリガトウ…☆





c0204971_2246318.jpg

文鎮じゃないょ^^*





c0204971_22535072.jpg

蔓的




c0204971_2247202.jpg

ツリフネソウ





c0204971_22483326.jpg

シルエット




The Kyoto Botanical Garden

実験的アーティスト集団Alphact主催│ArtLiveProject Act6【SHIKI】
[PR]
by izayoi_forest | 2010-09-16 22:58 | scene

繭のひかりは

c0204971_220304.jpg

窓 Acru 





9月だと言うのに 溶けちゃいそうですね
だ か ら
雪だるまを連れて ミナミまで 
ギャラリーな休日~^^*





c0204971_221399.jpg

ナダール





まずは NADARへ
写真表現というものの包容力
ひとつの世界を知ると
もうひとつの世界が待っていて
まるで 未知の海へ潜ったみたい^^
写真は 記憶の装置でありつつ
メッセージという強靭さを持っていた
ホルガ2010へ  こちらは 本日で終了





c0204971_2221824.jpg

Acru





そして すぐ近くのAcru
風景とは 心が感じた情景なんだな~と再認識
何を撮ってるんですか と訊かれて
これから 何を撮りたいんだろう って考えた
一枚一枚 一瞬一瞬
フィルムのように丁寧に撮っていこうと思ったよ
-SCAPE 9/26までの 金土日のみ





c0204971_2224497.jpg





 
堺筋線で 恵美須町まで移動 電気街を迷いつつ^^ 
日本橋商店会の中にあるギャラリー亜蛮人へ辿り着く

繭作家koiさんの到着を待ちながら 亜蛮人のオーナーさんと 
絵画的な写真とは 写真らしい写真とは そんなお話を少し♪





c0204971_2231210.jpg

セピア
 




今回のkoiさんのインスタレーションは  繭ノ糸
薄明の奥に レース生地のような繭の囁きが降りてくる 
しばし転生を待っているのか 艶やかな生糸が風を織り込んで 
繭本来の美しさ儚さしなやかさを実感させてくれる仕掛け





c0204971_2234225.jpg







なんと 亜蛮人さんに 2階が出現していたオドロキ^^*
可動式の階段も すべて オーナーさんの丹精
屋根裏部屋で お蚕さんの桑を食む密やかな音。。
そんな遠い記憶が 戻ってくるようだ 





c0204971_224642.jpg

青   記憶の音





お久しぶりのkoiさんは セルフカットしたというベリーショートが
とっても似合って ますますチャーミングだったなぁ…☆ Thanx. 

小板橋慶子展繭ノ糸 9/14まで 水木 休み








*
[PR]
by izayoi_forest | 2010-09-05 22:19 | art

森のささやき  於 京大理学部植物園 


森のゲートを越えたら 
そこは もう異界^^*



c0204971_16234561.jpg




振り向いた ほら^^♪



c0204971_16245667.jpg

蜻蛉




きょうは 句会?
よき言の葉が 生まれますように

ありがと やさしいね^^*




c0204971_1628052.jpg

林床  




ふっかふか~なんだょ ここは




c0204971_16292653.jpg

森の檻 




さぁて 何を 閉じ込めるかな♪




c0204971_1630844.jpg

ここにも ナラ枯れの木




テープを貼られたら 伐られる運命




c0204971_16353728.jpg

斑猫と書いて ハンミョウ   macro      




追いかけてるはずなのに 追われてたフシギ




c0204971_16314090.jpg

森の穹




みんみんの声が 森に響く
風は 一瞬の涼を連れて




c0204971_1795117.jpg

ささやき     macro




森の長い夏も もうすぐ ピ リ オ ド。
  



2010.8.26. 風花句会 京大植物園観察会にて吟行  Thanx.

Photo by The Kyoto University Faculty of Science Botanical Garden
&The Kyoto Botanical Garden

京大植物園ブログ



*

クイズの答えは こちらから^^*
[PR]
by izayoi_forest | 2010-08-28 17:19 | poem

青い影を探して Rayograph



c0204971_20401751.jpg

☆いきなり クイズです☆  
マン・レイのセルフポートレイトの上の
青いrayographは 一体 何の影でしょうか^^?



ヒント004.gif    航海に関するモノ^^v 









週末は 実験です^^v

レイヨグラフrayograph
マン・レイが 印画紙の上に 直接モノを置いて 
感光させてしまったことから 偶然 発見したらしい
東京から戻った友人にもらった マン・レイ展のお土産
レイヨグラフ・キット…☆

友人のヘアーラボで遊んで 帰宅 
だけど 相手はお日さま 離れてしまうょ~待って~~

レイヨグラフ・キットの中から
一枚の印画紙を抜き取って 十字架とブレスを載せて
そのままの状態をキープしつつ 光が届くベランダへ♪  
5秒くらいで レモンイエローの感光紙が真っ白に@.@ 
そして モノを置いたところに生まれる青い影^^*












c0204971_20404543.jpg

ケルト十字架とブレス













くっきりした影を持つものは 濃い青に
硝子やレースなどは 淡くなる そのニュアンス 
これも ひとつのフォトグラフ@若葉マーク^^*
なんだか なにか面白いことができそうな 予感~♪




週中のオフに 娘とレイトショーへ^^v
映画のタイトルは インセプション ☆ ネタバレあり^^* ☆
レビューは こちらから迷宮の夢は終わらない Inception












[PR]
by izayoi_forest | 2010-08-21 20:46 | essay

星月夜のひとりごと~ボストン美術館展

c0204971_8471934.jpg









たとえば 絵を見るとき 
あなたは どんなことを夢想しますか^^*


市美にて ボストン美術館展を見る



年代順じゃなく テーマごとの展示が 時を超えて迫ってくる
新鮮に響いたのは 思いがけず 肖像画のジャンルで 
コローの隣がマネだったりする意外 レンブラントの対の肖像が
呼び物のようだが 最も魅かれたのは 一枚のドガだった


 
エドガー・ドガの男の肖像   ドガと言えば 踊り子だけど
燕尾の男のバストカット 通り過ぎそうになって 立ち止まる
このPortrait 無防備に 覗かせた素顔だからなのか   
とにかく 眼だ あの刹那の憂 そして虚に 囚われてしまう



改めて 気づいたこと
構図   19世紀までの風景画の系譜から学ぶアングル~^^v 
特に クールベの森の小川    縦長の画面に 高く伸びゆく樹木を
途中で思い切ってカット。。 足下は森を映した水際 深さ拡がりが感じられて 
囀り 滴り 風のこゑが届く こういう森フォトを撮ってみたいなぁ。。^^* 



ボストンでも人気だというモネ・コレクション   積み藁 日没
これは 一瞬の光景なのか 刻一刻 夕日の光芒が降りそそぐ
そして もうひとつ タイトル   夜明けのセーヌ だったかな
朝靄の淡いblueが なんとも素敵。。 醒めてなお 夢の中に居るような

 

ブログのタイトル 星月夜   これは ゴッホの絵のタイトルにもある
もしかして あの郵便夫の絵に再会できるかもと 期待したけれど
今回の絵は 晩年の風景画一枚だった だが いつ見ても いま描き終えた
ばかりの 油彩が香るようで ゴッホの絵の具は 生きてるって感じ♪



もっと見つめたい ひかりを影を もっともっと 触角を尖らせたいな
殻を脱ぎ捨てて 突き抜けたい そう はじめの一歩から
いい絵を見ると こころざす詩を貫いていこうと しみじみ ふつふつ^^ 



オルセー展は叶わなかったけれど これから見たい写真展

マン・レイ展
大阪 国立国際美術館
2010.9.28.~11.14.

画家になりたかったマン・レイ その全貌が明かされるのか…☆








c0204971_850032.jpg









ここにゐたそんなつぶやき星月夜   kumiko









The Kyoto Botanical Garden









[PR]
by izayoi_forest | 2010-08-16 08:54 | review